銀瓶について

銀瓶について

お勧めの銀瓶(銀壺)紹介

銀瓶(銀壺)のご紹介。鎚目打、霰打、彫金など職人の技が光る逸品揃い。
銀瓶について

お勧めの銀急須紹介

銀急須のご紹介。鎚目打、いぶし銀、彫金、純金仕上げなど職人の技が光る逸品揃い。
銀瓶について

銀瓶とは

銀瓶とは茶道具の一種で、銀で造られた湯沸しの事をいいます。貴金属を用いて金工技術の粋を集めて造られた銀瓶は、古くより権力者たちのステータスシンボルとして重用されてきました。また、銀はお湯の味を変えない為、銀瓶は煎茶には最適な道具とされています。
銀瓶について

銀瓶の使用方法及び注意事項

初めて使用する際は、すすぎ洗いを数回行ってください。その際にタワシやスポンジ等で擦ったりしないでください。洗剤等も必要ありません。銀は柔らかい金属ですので過度の洗浄は傷の原因になってしまいます。水は8分目程度を目安に入れてください。
銀瓶について

銀瓶の熱源

電熱器(電気コンロ)は、内蔵されている電熱線を加熱する方式の調理器で、銀瓶へのダメージが少なく、また、安価で手に入るので個人的には1番お勧めの熱源です。茶道でもよく使用されており、炭を模した形状の電熱器(電気炭)といった物もあります。
銀瓶について

銀瓶加工の種類

銀瓶の装飾加工にも様々な種類があります。それぞれの特徴について説明させて頂きます。鏡面仕上げ:表面を光が均一に反射するように研磨する技法で、文字通り鏡のような光沢があるのが特徴です。銀の持つ金属の中で最も光の反射率が高い性質を活かした加工です。
銀瓶について

銀瓶の修理

銀製品は、変色したり、キズがついたり、多少へこんでしまっても、修理をする事でもとの美しさを取り戻すことができます。
銀瓶について

銀製品のお手入れ並びに保管方法

銀瓶の日常のお手入れ方法は、使用後に柔らかい布でカラ拭きし、汚れなどをとる程度で十分ですが、日が経つにつれて空気中の硫黄分と反応して黒ずんできたり細かい傷が付いたりするので、そうなるとしっかりとしたお手入れが必要です。
銀瓶について

銀瓶(銀壺)の選び方

一言に銀瓶(銀壺)といっても、製作者、製造法、デザイン、装飾、材質、産地等、様々な要因によって価格は異なり、基本的には価格が高いほど高級な商品といえます。安い物は日本国外で作られたもの等があり、材質的にもあまり良い物が使われていない事も多いです。
鉄瓶について

超お買い得お勧め商品

職人の手作りによる銀瓶(銀壺)・鉄瓶の逸品を1個からでも卸価格にてご購入頂けます。
タイトルとURLをコピーしました