鉄瓶百科

鉄瓶、銀瓶以外の工芸品

おしゃれな女性用ダンベル

通常ダンベルは見た目がいかにもトレーニング器具といった感じで野暮ったく、お洒落な部屋も台無しに…。そんなダンベルの概念を覆す、インテリア感覚のとってもスタイリッシュなダンベルがデザイナーズダンベルaquarium[アクアリウム]です。
鉄瓶、銀瓶以外の工芸品

龍の置物

風水において龍は全ての運気を上昇させる強力なパワーを持っているといわれており、良い気が通っている所を「龍脈」、良い気が集まっている所を「龍穴」といいます。龍の置物を飾る事により、ご自宅にこうした龍脈を作り、運気の向上を図る事ができます。
鉄瓶、銀瓶以外の工芸品

香炉

香炉とは中に香料を入れて加熱し、香りを発生させる器です。主に金属や陶器などで作られており、元々は仏具として使用されてきましたが、現在では形状の美しさから香道や茶道、インテリアなどとして幅広く用いられるようになりました。
鉄瓶、銀瓶以外の工芸品

銅器について

銅器とは、銅を原材料とした製品の事をいいます。器や花瓶、仏像、仏具といった物から、銅像や釣鐘といった大物まで様々な物があります。主な生産地は富山県高岡市で、全国シェアの90%以上を占めています。
鉄瓶について

どうしてこんなにも価格が違うのか?

鉄瓶といっても、価格もお手頃なものから高価なものまで様々ですが、何でこんなに価格が違うのだろうと思われる方も多いかと思います。一言に鉄瓶といっても、製作者、鋳造法、デザイン、装飾、材質、産地、手作り品か量産品か等、様々な要因によって価格は異なります。
鉄瓶について

鉄瓶部位説明

鉄瓶の蓋、肩、弦、環付、胴、口など、各パーツごとに図入りで解説。南部鉄瓶は基本的に摘みと蓋が一体型で鉄で出来ています。関西鉄瓶は主に蓋が銅で作られていて、摘み、座などの組み合わせによって出来ています。
鉄瓶について

鉄瓶の選び方

一言に鉄瓶といっても様々な種類があり、日常的に使用するのに適した鉄瓶、美術性の高い鉄瓶、茶道用の鉄瓶、コレクションとしての鉄瓶、等々目的に合わせて選ぶ必要があります。価格帯も一万円前後から何十万、何百万とするものまでピンからキリまであります。
鉄瓶について

中国製鉄瓶の見分け方

最近では中国製の鉄瓶も多く見かけますが、やはり日本の熟練した職人の技術と比べれば見劣りする部分が多々あり、美術品としての価値があるとも言い難いです。また、口にするものですので、素材である鉄や塗料の安全性について不安があるのが正直なところです。
鉄瓶について

鉄瓶の修理

丈夫に出来ている鉄瓶ですが場合によっては修理が必要となってきます。錆の修理は焼抜きという処理を施したあと色を付け直します。水漏れの修理は金漆というものを塗り詰めて穴を塞ぎます。年代物の鉄瓶などで水漏れが酷い場合は底面を新たに造り直して修理します。
その他

鉄瓶について徹底解説!

鉄瓶について、種類、パーツ、生産地、歴史、製造工程、取り扱い方、お手入れ方法、メリット、デメリット、選び方、豆知識、商品紹介、お悩み相談まで幅広く解説させて頂いております。
タイトルとURLをコピーしました